車の査定前に洗車は必要?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

車の査定前に洗車は必要?

車買取業者に車を査定してもらおうと決めたときに、悩むのが「洗車した方が高く売れるのか」ですね。

今回はその辺りを、実際の買取業者などに聞いてみました。

結論から先に書きますと

必要ではないが、きれいな方がベター

という回答が多かったです。

もちろん「査定には一切影響ありません」と答えた大手買取業者さんも居ましたが、そんなお店でも、「あまりにも汚すぎて傷が見えないレベルでなければ・・」と追加回答。

たしかに、泥まみれのまま持ち込まれても、傷や凹みの確認ができませんからね。

そんな人は少数派だとしても、やはり汚いよりはキレイな方が良いそうです。

・車を大切に乗っていた人
・きちんとした常識がある人

このような印象を与えることによって、買い取る側も安心しやすいということがあるようです。

逆に相当汚いまま持ち込まれると「この人は相当ガサツなタイプだろうから、エンジンオイルなどもほとんど変えていないのではないだろうか」などと、マイナスなイメージを持たれかねません。

ちなみに、ワックスをかけて輝きを増した方が高くなるといったことはありません。

買い取りのプロですからその辺は見抜きます。

ですから、普通に水洗いすれば十分でしょう。

車内清掃もできればやっておいた方が無難ですね。 意外と隙間に大切なものが落ちていたりすることも多いので、確認の意味も込めてきちんと車内清掃しておきましょう。

エンジンルームを掃除する必要まではありません。

タバコの臭いは消した方が良い?

もしあなたが喫煙者であれば、車のタバコの臭いは消した方が良いです。


近年の禁煙ブームでタバコの臭いは大きく査定に影響してしまいます。

可能であれば、査定してもらう数か月前から禁煙車にして、香料が付いていないタイプの消臭剤を使って臭い対策をしておきましょう。※あまりきつい芳香剤の臭いが残った車も敬遠されがちです

タバコの臭いは、床やダッシュボードなどにしみついていますから、消臭剤だけではなく、掃除機を使ったり、ダッシュボードを濡れたタオルで拭くことも効果的です。

喫煙車が敬遠されるのではなく、タバコの臭いが残った車が敬遠されるので、これらの対策は効果的です。

はっきりとタバコの臭いが残った車は、査定額が10万円程度は下がると言われていますので、できれば対策をしておきましょう。

細かい傷や凹みは直すべきか?

洗車とともに、気になる小さな傷ですが

・小さな傷や凹みは修復して持って行かないほうが良い

傷をタッチペンやコンパウンドなどで修復してから持っていく方が多いようですが、それによって査定が上がることは無いそうです。

むしろ、素人の修復はその後のプロの修復の障害になってしまうことがあるため、マイナス査定になりかねません。

車の査定前にするべき清掃 まとめ

・簡単でいいので、清掃はしておこう
・タバコや強い芳香剤の臭いは出来るだけ取ってから
・傷や凹みはあえてそのまま

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加