車検切れの車を最高値で売る方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「バッテリーが上がったまま放置していたら、車検が切れていた。どうやって処分したらいいだろう?」

「車検切れのまま家においてある車、処分したら費用がかかるかな・・・」

今回は車検が切れてしまった車をどのように処分したら一番お得なのか、解説してきます。

車検が切れた車を最高値で売る方法

そもそも、車検が切れたこと自体は、買取査定に大した影響はありません。車検が切れる前に売った場合と比較して、数万円しか差がないでしょう。

車検を取ってから売ろうとしないでください。損になります。

ただし、売ろうと思って車検切れのまま、買取業者に持ち込んでしまう(運転してしまう)と違法になってしまいますから注意が必要です。

出張査定をしてくれる業者に絞って連絡を取りましょう。

その際に

車検が切れている車があるのですが、査定してもらえますか?

などと、近所の買い取り専門店1社に電話してしまったら、ほとんどの場合ゼロ査定で持っていかれるでしょう。

必ず、一括見積もりなどを利用して複数業者に見に来てもらいましょう。

「この車は酷い状態で、どう考えても廃車費用を取られるだけに決まっているよ」

などと思う方は、「廃車完全無料の廃車ラボ」などに連絡してみましょう。

ただし、最近は「ゼロ査定」になるケースは、一括見積もりをした場合、ほぼないと思いますから、勝手に価値を決めないで、一括査定をとりあえずやってみることをお勧めします。

少しでも見栄えは良くしておこう

車検切れで放置されていたとしても、買取業者が来る前に軽く掃除をしておきましょう。
それだけでも印象は変わります。

また、車の中もゴミなど残しておかないように簡単に整理しておきましょう。

もちろん、書類なども先に揃えておくと好印象です。

売ることを決めているのであれば、印鑑証明書なども先に取っておくと更に良いでしょう。

自分で廃車処理すると絶対に損

買取業者に査定してもらうと逆に廃車費用を請求されそうだからと、自分で廃車の処理をしようとする方もいますが、確実に損をするのでやめましょう。

個人でやると、自分で仮ナンバーを発行したり、面倒な書類を作成(行政書士に頼むと1万円程度)、最後に引き取り業者に持ち込むとそこでも1万円程度請求されます。

今は、先ほど紹介したような廃車ラボのような専門業者がありますから、上手に活用しましょう。

まずは一括見積もりをするのが、一番です。「査定ゼロと言われた車が、一括査定で争わせた結果30万円で買い取られていった」などのケースは頻繁に起こっています。

自分で勝手に車の価値を決めてしまわないことが大切です。

基本的にどんな車でも、「ゼロ査定」になることは無いと思って良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加