車買取業者出張査定の流れ 時間は?何を用意すればいいの?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

車の査定一括見積もりをして、明日家まで査定に来てもらう事になったけど、何を用意すればいいのかな?

今回は、自動車買取業者が出張査定に来る場合、どのような流れになるのか書いてみたいと思います。

車買取出張査定の時間は?

買取業者が査定に来る場合、どのくらいの時間を考えておけばよいでしょうか。

その時間はおおむね1時間弱と考えておけば間違いないと思います。

まず、車の査定に20分程度必要です。

その後、打ち合わせに20分から30分程度必要です。そのまま売却を決定すればもう少し必要でしょう。

車買取出張査定の前に用意しておくものは?

査定時に必ずチェックするものは「車検証」と「整備手帳」です。

あらかじめ用意しておきましょう。

また、出来るだけ早く売却、入金まで進めたい場合は、先に印鑑証明書を取っておくとスムーズに進みます。

車買取出張査定で必ずチェックする箇所は?

実際の査定はまず、エンジン、ミッションなどの駆動系(エンジン音やペダルの踏み込み、シフトを入れた際のショックなど)を調べます。

その後、シートやパネルの汚れ、キズなど、車内の状態をチェック。

同時に走行距離も確認します。

続いて外装のキズやヘコミなどをチェックしたあと、機構の確認を行います。

修復歴に関しては「ピラー」「インサイドパネル」「クロスメンバー」「トランクフロアー」などを確認していきます。

ナビなどオプションは、査定でプラスになることも多いので、積極的にアピールしたほうが良いでしょう。

車買取出張査定の前に洗車はしたほうがいい?

傷を確認できないほど汚い車は、マイナス査定になる可能性があります。

車を大切に扱っていない人だなと思われてしまう事もマイナスでしょう。

ワックスをかける必要はありませんが、最低限の掃除(車内含む)しておくことは大切です。

車買取出張査定を呼ぶなら手離す直前の方がベター

車買取の営業マンにとって、出張査定に行くこと自体、経費がかかっているわけです。

そのため、何としても買取契約をしようと営業マンも必死です。

手離す時期が近いほど、買い取り金額を頑張ってくれます。

条件が良ければ今日持ち帰ってもらって構いません」と言えれば、最高額が引き出せるでしょう。

車買取出張査定は必ず同じ日に複数の業者を呼ぼう

出張査定において最も大切なことが「複数業者を呼ぶこと」です。

1社しか呼ばないと100%損をします。

買取業者の営業マンに取って、営業成績は買い取った車の台数ではありません。

買い取った車を売った利益の合計額なのです。

ですから、「いかに安く買い取ってくるか」が仕事になる訳です。

その状況で、わざわざギリギリの買取額を提示してくる訳ないですよね?

ですから、必ず同じ日に出来れば3社以上呼んで、業者同士を競わせ「本当のギリギリ価格」を引き出すことが大切です。

利益率は悪くなってしまうが、出張までして買い取れないと上司に怒られるからな・・・

そう思わせれば、「最高値での買取」が実現します。

ですから、一括査定などを利用して、必ず複数の出張査定を呼ぶようにしましょう。

車買取比べて最高値TOPへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加