【動画あり】ドライブレコーダーは事故トラブルの切り札

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

近年、性能の向上と価格の安さで急激に普及しているのがドライブレコーダーです。

数年で売り上げが10倍以上になっているそうです。

以前は、「ドライブしたキレイな映像を記録したい」や「車両の盗難防止」として導入する人が多かったのですが、最近は自動車事故対策として導入する人が多いようです。

私もドライブレコーダーは設置していますが、どのような時に使えるのかまとめてみます。

①駐車中の当て逃げ

買い物を終えて駐車場に戻ってくると、バンパーに傷が・・・」いわゆる当て逃げですね。

もちろん警察に通報しますが、警察が犯人を見つけてくれることは、ほぼありません。

ドライブレコーダーが無い時代に2回ほどやられましたが、泣き寝入りでした。

しかし、ドライブレコーダーにぶつけた車の登録番号などが映っていれば、警察は動いてくれます。

もちろん、走行中にぶつけておいて逃げるやつもいますから、そんなやつもすぐに逮捕してくれるでしょう。

ちなみに、車両保険がエコノミー型だと相手を確認できない事故は支払われません。

当て逃げされると自分の保険も使えないわけです。

一般車両はすべて出ますが高いので、(エコノミー+ドラレコ)なんて組み合わせも賢いかもしれませんね。

②信号など事故状況の証拠保存

よくあるのが、交差点でこちらが右折、相手が直進などのケースです。

黄色になってから侵入してきた場合、直進の方が過失は大きくなるのですが、たいていの場合「青だった」と主張され、示談がまとまりません。

赤で侵入していたくせに「青だ」言い張る輩もいますが、「ドライブレコーダーついていますよ」と言ったとたんに黙り込んだりします(笑)

その他では、「一時停止したか」などもありますね。これもいったもの勝ちの世界です。

一度、駐車中で車内にいたときに、バックでぶつけられましたが、「少し相手も動いていた」などと爺様に言われて、切れかけました(笑)

その時も、ドライブレコーダー提出であっさり100対0です。

③脅迫など犯罪行為を録音・録画できる

事故の相手はまともな人とは限りません。危険走行をした上にぶつけた挙句、脅迫まがいの発言で修理費用を脅し取ろうとする輩もいます。

それらの発言は、脅迫の証拠として録音可能です。

また、少なくなったとはいえ今でも「当たり屋」は存在します。

当たり屋に関しては、ドライブレコーダーを見つけた時点で逃げ出すそうです。

実質的に、犯罪者から守ってくれる強力なお守りになっているわけですね。

ドライブレコーダーは事故トラブルの切り札 まとめ

色々な事故例を書いてみましたが、正直言って相当使えます。

下手な保険の特約追加するくらいなら、ドライブレコーダーを導入した方が安心とも言えるでしょう。

最近は2万円程度で取り付けできますから、是非検討してみてください。

最後に、ドライブレコーダーに録画された事故動画をご紹介します。

とんでもないドライバーが色々録画されていますが、これも録画がなければ何を言い出すか分かりません。
今後ドライブレコーダーは必須なアイテムではないでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加