車買取の査定基準 少しで高く売る為に気を付けること3選

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

車買取で少しでも高く売りたい方必見です!

車買取をするときに利用することの多い”査定”ですが、最近は便利ですよね。

ネットを使って一括査定を申し込むと1度で複数社の査定を申し込むことが出来るわけですよ!

そして、この査定基準って知っていれば少しでも高く車が売れるのでは??と思ったので今回は車の査定基準についてを調べてみたいと思います。

これから車を査定に出す人も、今後愛車を売る予定がある人も是非参考にして頂ければと思います。

車買取の査定基準

1 走行距離

有名ですが、”走行距離”はガッツリ見られます。

この走行距離、当然なのですが少なければ少ないほど査定額は高くなります。

車の走行距離というのは、車の寿命を大体把握することが出来る超重要なものなのです。だから、査定士は先ずここをガッツリとチェックするというわけなのですね。

走行距離は、1万km/年を目安とします。この基準を目安に・・・

3万km/5年は”短く”、7万km/5年だと”長い”扱いになります。

ただ、走行距離が短ければ査定額はアップするということではなく・・・2万km/10年でも高額査定が出るというわけではないようです。

というのも、車というのはまったく走らずに居るとすぐに寿命を迎えます。ある程度走っているけれど、走行距離が短いというのがポイントだそうです。

2 修復歴の有無

次に重要なのがこの修復歴の有無です。事故車の中でもとくに査定額に多大な影響を及ぼすのが修復歴車になります。

修復歴車というのは、一般的に無修復歴車の7~8割減の価格になってしまうわけです。半額以下、ということになりますね・・・。

ですが、修復歴車でも直し方だったり、パーツだったり、直した場所だったりによって査定額が変わってくるためより多くの査定を取る必要があります。

修復歴が影響するのは、購入してから比較的新しい車です。

新車で走行距離も少ない修復歴車というのは買い手も見付かりやすいのでその分、高い査定額になることが多いんですね。

この修復歴ですが、黙っててもバレてしまうので査定時にしっかりと査定士に伝えるようにしましょう。

3 外装・内装

内装・外装が汚いと査定の減点ポイントになってしまいます。

反対に、内装・外装がキレイな状態というのは加算ポイントになるので査定を依頼する前には内装と外装を出来るだけキレイな状態にしておくことを強くオススメします。

外装ですが、凹みやキズがあるとその分査定額から引かれてしまう恐れがあります。

ただ、査定の直前にキズや凹みをキレイに治してもその修理した費用が査定額に反映されるとは限らないんです。むしろ、損をしてしまう可能性もあります。

内装ですが、タバコやペットのにおいはマイナスポイントになることが多いです。

ですので、査定の前には内装・外装の見た目だけではなくにおいなど見えない部分も徹底して掃除をしておくようにしましょう。

車買取査定の前に用意しておくもの

普通自動車の場合

①自動車検査証
②自賠責保険証明書
③印鑑登録証明書
④実印
⑤自動車納税証明書
⑥振込み口座情報
⑦リサイクル券

軽自動車の場合

①自動車検査証
②軽自動車納税証明書
③自賠責保険証明書
④印鑑(認印でもOK)
⑤振込み口座情報
⑥リサイクル券

補足

※自賠責保険証は保険会社で再発行をしてもらえます。再発行をしてもらう際は本人確認が出来る書類が必要。

※納税証明書は管轄の都道府県税事務所で再発行してもらえます。

※車検証は登録した陸運局で再発行をしてもらえます。その際、申請書類代+手数料が掛かります。

車の査定で買取店に持ち込むのはNG! 絶対にきてもらえ!

買取店に持ち込んで査定を~、と考える人も多いと思います。

持ち込み査定というのは自分の好きなタイミングで査定をお願いできるので、時短にもなりますし買取成立しやすいのもポイントです。

が、この買取店に持ち込みをするのはあまりオススメではありません。

持ち込み査定は安く買い叩かれやすいのです。

持ち込みをしてしまうとほかの買取業者と比較することが出来ず、愛車の相場をチェックできません。

また、”このお店に売る”ことを大前提として持ち込んでいるので多少安くしても売ってくれるであろう、ということで安く買い叩かれてしまう恐れがあるのです。

車買取で少しでも高い査定をもらうには絶対に一括査定を使え!

高い金額で車を売りたいと考えている方にオススメなのが車一括査定です。

車一括査定のメリットは、より高額で売ることが出来るところです。

持ち込みや下取り1社では中々わかりにくい”相場”というのも、複数社に査定を依頼することによって相場を知ることができます。

ここで、低い査定額を提示する買取店は利用しないようにすれば損をすることもありません。

一括査定サイトは無料で利用することが出来ます。

愛車を一番高く買い取ってくれるお店をチェックできるので売却を検討している方は是非一度利用してみてはいかがでしょうか。

おすすめ車買取一括査定 少しでも高く車を売る為に!

1 かんたん車査定ガイド

50社以上の買取業者と提携をしている”かんたん車査定ガイド”。

1度の入力で最大10社一括査定を依頼することができます。サイト名どおりかんたんに査定依頼ができるのがポイント。

その時間、わずか45秒

提携企業はCMでもお馴染みの企業から、地域密着までさまざま。

普通車はもちろん、輸入車まで対応しているので愛車にピッタリな買取業者を見つけることが出来ます。

かんたん車買取一括査定サイトはサイトコンテンツも非常に充実しているので初めて車を売るという方でも安心して査定を依頼できます。

2 カーセンサー

リクルートが運営をしている車一括査定サイトのカーセンサー。

カーセンサーは中古車の雑誌も発行しているので、こちらのイメージの方が強い方も多いと思います。

が、実は一括査定サイトも運営しているのですね。

ポイントは、1度の入力で最大30社一括見積もりが依頼できるところです。

業界でもこの数は多いのでより詳しい査定結果を希望する方や、より高い金額で愛車を売りたい方にもオススメです。

中古車に特化したカーセンサーだからこそ出来る査定があります。初心者から上級者まで安心して利用できるサイトです。

3 ズバット車買取

150社以上と提携をしている”ズバット車買取”。大手企業から地域密着型の買取業者まで様々な企業に査定依頼することが出来ます。

地域といえば、地域ごとの人気車種のトレンドなどもズバットで確認することが出来ます。

また、ズバットは専用アプリを使ってスマホから中古車情報などをチェックすることが出来ます。

査定時に読みたいチェックリスト、査定金額などをメモできるコンテンツなども充実しているのでかなり使いやすい査定サイトになっています。

スマホからチェックする場合、専用アプリの利用がオススメです。

車買取の査定基準 少しで高く売る為に まとめ

中古車を少しでも高く売る為にチェックしておきたいことは3つ。”走行距離””修復歴の有無””内装と外装”です。

修復歴車でも、年式が新しいものや走行距離が短い車というのは思っていたよりも高値が付くということもあります。

修復歴車だから安く買い叩かれる、ということはありません!こういった車でも何社に査定を依頼することをオススメします。

一括査定サイトは無料で利用することが出来る便利なサイトになります。

必要事項を入力するだけで査定依頼完了となり、忙しい方でも気軽に査定依頼が出来ます。査定してもらうと愛車の相場も知ることが出来るため、先ずはこちらを使って愛車の相場をチェックしましょう。

そして持ち込み査定などは比較が出来ないので安く買い叩かれる可能性大!あまりオススメできません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加