【車買取】車を高く売る為に最低限行うべきこと5選

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

車を乗り換えたいけど、今乗っている車は出来るだけ高く売りたい・・・と考えるオーナーは多いと思います。

ですが、車を高く売る方法というのは実はそんなに多くないことをご存知ですか?

よく言われているのが”外装や内装をキレイにして、純正パーツに戻して下取りへGO!”なのですが、これは大前提なんです。

実はもっと違った方法で愛車を高く売る方法があります。今回は車を高く売るために最低限行うべきことについてをご紹介していきます。

車買取で高く売る為に行う事5選

1 車買取で下取りは絶対に使わない事

以前は愛車を売る!となったら真っ先に”ディーラーなどに下取り”が利用されてきました。

現在でもそのまま車をそこで購入する場合、愛車を下取りに出して新車から割引をしてもらうシステムを取っている方も多いと思います。

が、実は愛車を高く売りたい場合絶対に利用してはいけないのがこの”下取り”での買い取りになります。

下取りというのは基本的に、その中古車の基本部分しか査定されないんです。

人気カラーでも、人気グレードでも、純正パーツをいくつ搭載していても、車の基本価格しか付かないんです。そのため、査定の中ではダントツでこの下取りが一番低い価格になってしまうケースが非常に多いんです。

中には、中古車市場を参考に査定額を付けてくれるディーラーもありますが殆どの下取りはそういったものは参考にしてくれないので大損しやすいです。

ウキウキで下取りに行ったら想像以上に価格が低くてビックリした!」という経験をした事がある方も多いと思いますが、もし愛車を少しでも高く売りたいと考えていればこの”下取り”は損をする可能性が非常に高いので出来れば利用しないのがベターです。

ただ、ディーラーで下取りをすると新車購入と中古車売却の手続きが同時に出来るメリットもあります。

非常に簡単でラクなのですが、価格面で見ると損をするので手間よりもお金!という方にはあまりオススメの方法ではありません。

2 車内・車外最低限の清掃はすること

冒頭でもお伝えしたのですが、愛車の内装・外装は査定に響くポイントの1つでもあります。

内装や外装が汚くホコリっぽかったりすると「大事に乗っていないんだな」と思われてしまい、それもマイナスポイントになってしまうことが多いんです。

査定士は細かいところもしっかりとチェックしています。

その愛車が大事にされてきたものかどうかも一目見れば分かってしまうもの。

査定士も大事に乗ってきた車に対しては少しでも高い金額を付けようと思うので、ここで車内・車外をしっかりとお掃除しておくと大事に乗ってきましたアピールが出来ます!つまり、高値がつきやすくなるんです!

細かいキズや凹みを自分で直すのはちょっと難しいので、こういった箇所は諦めてせめて車の中と外はピカピカに掃除していきましょう!

板金屋さんでキズや凹みを直してもらっても、その分の金額が上乗せされたり戻ってくる保証が無いのでここは利用しないのがオススメです。

車の中は掃除機などを使って小石や砂などをしっかりと回収!

車の外はワックスなどを使ってピカピカに磨いておくようにしましょう。

マフラーなどを改造している場合、査定に出す前にすべて純正パーツに戻しておく(もしくは、純正パーツも一緒に査定してもらう)ようにしましょう。

また、意外と気づかないのがニオイです。車内でタバコを吸っていたりペットを乗せていた車というのは意外とニオイが気になるものなんです。こういったニオイ対策をしておくことも忘れずに!

3 車買取を依頼する前に自分の車の査定額を知ろう

次に、車買取を依頼する前に愛車の査定額が一体いくらになるのかを事前にチェックしておきましょう。

愛車の相場というのは様々な方法で調べることが出来ます。

完全匿名で今すぐに大まかな金額を知りたい!という場合はトヨタor日産で中古車の相場をチェックすることが出来ます。

いずれも”ざっくりとした”査定額になるのであまり参考にならないケースが多いのですが匿名で今すぐにチェックできる画期的な方法でもあるので是非参考にしてみてください。

ちなみに、この方法は走行距離などは考慮されていないのでかなり走りこんだ車などはあまり参考にならないかもしれません。。。


次にオススメなのが、実際に査定を依頼して愛車の相場をチェックするという方法です!車の査定依頼はインターネットで簡単に出来ます。車の基本情報とこちらの基本情報(連絡先や氏名など)を入力すると査定を依頼できますよ。(参考:匿名で愛車の査定を簡単に行う方法)

ネットでのやり取りではなく、実際に査定に来てもらうので時間は掛かってしまうものの現物を見て査定をしてくれるのでより確実に売却時とほぼ同じの金額を出してもらえます。数社依頼すると愛車の相場が分かります。(参考:車買取一括査定を使って3社同時見積させた結果)

査定額を知る事により、安く買い叩かれるのを防げるので結果として高い金額で愛車を売却することが出来ます。

4 車の査定では最低5社以上に見積もりを依頼し競合させろ

ここからは査定についてです。

まず、前述した”査定額を知ろう”でオススメした車査定依頼ですがほとんどの車買取査定サイトでは最低でも10社以上に査定を依頼できるようになっています。


10社すべてに査定してもらうと時間も掛かってしまい大変なのでここでは5社へ査定に出すことをオススメしますね!5社に査定依頼を出すと、査定額がだんだんアップしやすくなります。複数の買取業者に査定依頼をすると、業者同士が勝手に競い合ってくれるんです。業者側も「うちで売って欲しい!」と思うので、1社目よりも2社目の方が高く、3社目は1社目・2社目よりも高い金額を提示してきてくれることがあります。その場合、1社目と2社目の見積書を提示しておく必要があります。また、査定依頼を1社しか行わないと査定に出すメリットがなくなってしまいます。安い金額を提示されても気づきにくいんです。

ですので、査定依頼をする場合は最低でも5社以上に依頼を出しましょう。5社すべての査定が終了して査定額に納得が行かなかった場合、今度は業者を変えてまた査定依頼をしてみましょう。(参考:車買取一括査定で高く売る方法)

5 事故車の場合は事故車専門店に買取を依頼しよう

通常、中古車は査定サイトなどを利用すれば簡単に査定を依頼できるようになっているのですが事故車や修復歴のある車は専門の買取業者に依頼するほうが高値が付けられることが多いです。

”事故車だから売れない”というのは一昔前のお話です。

最近では、一見してこれはもう動かないだろうなぁ~・・・という車も買い取ってくれる業者は多く存在するんです。事故車も買い取ってくれる、ということを知らないでいると”引き取ってくれるだけマシか~”と無料で引渡してしまい損をする可能性が出てくるので、事故車でも売れる!というのを覚えておきましょう!

さらに、事故車の場合でも一番高値で買い取ってくれる買取業者をチェックしておくようにしましょう。

事故車専門の買取業者に査定を依頼するのですが、できれば複数社に依頼をお願いします。

ここで一番高値で買い取ってくれる業者を比較するのです。

最近は事故車を専門的に扱う買取業者も増えてきたので、事故車でも修復歴車でも故障車でもしっかりと比較をしてそれぞれの買取業者に競合させることが重要です。


※自動車を売却or廃車にした場合、自動車にかかる保険料や税金などは過払いとして戻ってくる可能性があります!税金や保険料などは年払いが基本になるため、途中で車を廃棄した場合は払った金額の一部が還付されることがあります。こういったお金が戻ってくるのを知らずにいると業者がちゃっかりと着服してしまうということもあるので、事故車を売却、廃車にした場合は還付金があるかどうかも同時にチェックしておく必要があります!(参考:事故車を高く買取してもらう唯一の方法)

車を高く売るなら査定担当者の言う事は疑ってかかれ

買取業者が必ずといっていいほど使ってくる営業トークというものがあります。

今日限定でこの価格ですよ!

丁度この車の購入希望者が居るので、他社よりも高値付けられます。このタイミングでこの価格になりますね~!

今日契約してくださるならこの価格です

といった営業トークです。

即決を迫ってくる業者は他社と比較させてくれないので一見すると提示してくる金額は高めなんです。

ですが、他社と比較が出来ないとなるとその金額がもっとも高い金額かどうか分かりません。

ですので、こういった”今日限定で””今なら~”という言葉はあまり信用しないようにしましょう。

中古車市場はそんな1日2日程度で下落するものではありません。ですので”今日限定”で高くするというのはスルーしたほうが良さそう。

車を高く売るなら自分が納得した数字を出されても即答はするな

次に、「おっ!!」と思える金額を提示してきた場合のお話になります。

愛車の相場も大体チェックして、ある程度査定も終わった頃にある業者が一番高値を提示してきたとします。

その金額が自分も納得できるものだとついつい即決を決めたくなってしまうものなのですが、一番高く売るということを考えたらここはやっぱり冷静になって比較をしましょう。

今日この場で契約してくれれば~”+納得のいく価格でついついその場で即答したくなってしまいますが、ここはぐっとこらえてしっかりと比較をしてから返事をするようにしましょう。

車を高く売るなら査定担当者のお決まり台詞を意味を知っておこう

ちょっと上司に相談してみますね
こちらかなり頑張ってギリギリの価格なんです

→かなり多いのが、商談中に”上司に相談してみます”といって電話をかける担当者。その直後価格が上がると「やったー!」と思いますがちょっと冷静になってみてください!ギリギリでその価格しか出せないということです!しかも、目の前でわざと上司に電話をするのも演出です。演出をすることによって、限界には及ばない余裕の価格を限界だと思わせることが出来てしまうんです。

こんな価格出せるのもうちだけですよ~!
他持ってってもこれ以上付くことはないと思いますけどね

→自社がもっとも高く、さりげなく他社を貶しているこの発言。これはオーナーの焦燥感を煽ってくるだけの営業トークになります。他社に査定をしていないのになぜ他社がこの価格以下だというのが分かるのでしょうか。見積もりをさせるだけ時間の無駄、と思わせるだけのセリフがこちらになるのでスルーしましょう。

今日売ってくれるならこの価格で頑張ります!
今日限定でこの価格です

→即決させるための営業トークで実際この営業トークはかなり頻繁に出てきます。多くの担当者がこのセリフを出してくるというレベルでよく登場します。他社に持っていかれないようにするために即決を迫ってくるんですけど、ここも惑わされることなくしっかりと”ゆっくり比較”をしましょう。即決してしまうと損をする可能性が高いです!!また、即決させてくる業者は比較されると困るのでこういった”今日限定”を使ってくるんです。愛車を高く売る為にも比較はしっかりと!

【車買取】車を高く売る為に最低限行うべきこと5選 まとめ

愛車を少しでも高く売るためにはいくつかやっておくことがあります。

1 車買取で下取りは絶対に使わない事
2 車内・車外最低限の清掃はすること
3 車買取を依頼する前に自分の車の査定額を知ろう
4 車の査定では最低5社以上に見積もりを依頼し競合させろ
5 事故車の場合は事故車専門店に買取を依頼しよう

この5つです!

中でももっとも重要なのは”下取りを利用しないで査定を利用する”です!

事故車でも修復歴有りでもなんでも査定を利用することによって、愛車を一番高値で買い取ってくれる業者を見つけることが出来ます。(参考:事故車を高く売る唯一の方法)

下取りは車の基本価格しか付かないのでオプションや状態などを考慮してくれないのでどうしても安くなってしまうんです。

ですので、人気車種やカラー、パーツなどをしっかりと考慮して価格を出してくれる査定に出すことによってより高い金額で愛車を売却できます。

また、査定を依頼する際には車の中・外をピカピカにしておくと査定額がアップすることも!

さらに、担当者が言う営業トークにはきちんと意味があります。(即決をさせるためのセリフだったり、他社と比較させないためのセリフだったり)。

事前に営業トークの内容を知っておくだけでも冷静に交渉が出来るようになるのでこちらもチェックしておくと安心です。

是非、査定をして比較をし、高値で愛車を売却してみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加