車を査定・比べて最高値で売却する方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

車を売却したいときの悩みと言えば以下のような事が多いのではないでしょうか。

ディーラーで新車を購入しようとしたら、今乗っている車は価値がないと言われたが本当にそうなのか疑問

全く同じ条件の中古車は存在しないので、本当の価値が分からない

細かい傷が多いのだが、買取してもらえるのだろうか

事故車なので、廃車費用を請求されるだけではないだろうか

よっぽど車に詳しい方でもない限り、中古車を売却しようとして査定金額を提示されたとしても、その査定額が正しいのかどうか判断することは出来ないと思います。

つまり、買取業者としても説明の仕方一つで良い車を安く入手できてしまうという事なのです。

ですから、勝手に自分の中で「50万以上ならいいかな」などと目安価格を作らないことをお勧めします。

では本当の車の価値を調べるにはどうしたらいいの?

車の本当の価値を調べる方法は一つしかありません。

複数の業者に見積もりを出してもらう

これに尽きます。

もし、あなたが買取業者だとして、いきなり車を持ち込まれて買い取ってくださいと言われたらどうでしょうか?

恐らく100万円程度で売れるなと判断したのち、いかに安く買い取るか考えるはずです。

サラリーマンの方であれば、会社で何かを購入する際「相見積もり」するのが当然ですよね。

相見積もりしないで購入すればきっと、経理に怒られるはずです。

個人の車売却でも同じことです。 違いは怒られない代わりにあなた自身が損をするだけです。

と言っても、近所の車買取ショップを調べて、すべて見積もり取りに回ってくださいとはいいません。

今は非常に便利なオンライン相見積もりサービスがあります。

例えば人気のサービス、「かんたん車査定ガイド」を利用すれば10社同時に一括査定が可能です。

このようなサービスを利用することによって、買取業者も「ぼったくり」な買取査定額を提示できないのです。

実際にこのサービスを使う事によって50万以上の査定額に差があるケースも多く出ています。

恐らく乗換の人が大半でしょうから、次の車の予算にも影響が出る事でしょう。

是非、ネット相見積もりサービスを上手に使って、損をしないようにしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加