車買取 一括査定net3 ~人気3社を徹底比較!~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

車買取 一括査定net3では、車を高く売る際の注意点から少しでも高く車を売る方法を元中古車屋の管理人が公開しています。

まずは、管理人の経験を元にここなら間違いないという車買取一括査定サービスを3社厳選しました。

車買取 一括査定net3 ~高く売る為にはここ!~

1位 カーセンサー

1996年に最も早くネット上の中古車情報掲載をスタートしたカーセンサー。母体がリクルートなのも安心材料です。

中古車サービスでは常にトップを走り続けています。

一括査定においても人気NO1のカーセンサーの魅力は以下になります。

・提携業者数は1000社以上と最大級

・「メールのみの連絡」を希望申請できる

・最大で30社に査定申込が可能

・入力時間はたったの90秒

提携している業者の数が他のサイトでは50社~200社程度であるのに対して、カーセンサーは1000社以上と圧倒的な多さです。

査定の多さが、高価買取の鍵です。

その上で、一括査定の悪評の一つでもある「電話が多すぎる」といった不満もメール連絡を選択できることで解消しています。

一括査定が初めての方や、以前使って不満がある方などは、カーセンサーを利用してみる事をオススメします。

入力 90秒
対応エリア 全国
備考 メール連絡可、高額買取実績多数
総合評価 ★★★★★

2位 ズバット車買取

ズバット車買取は、入力は約1分、提携業者は220社と「カービューとカーセンサー」の良いところをバランスよく取ったサービスとなっています。

バランスの取れた一括サービスです。

実績も、入力方法も申し分ないので、カーセンサーとの同時登録を強くお勧めします!

入力 1分
対応エリア 全国
備考 利用者数18万人
総合評価 ★★★★★

3位 カービュー

carview

老舗の一括査定サービスカービューです。高く車を買取してくれると大変評判のいいサービスです。

利用者数400万人超の有名一括サービス。

入力が簡単ですから、気軽に申し込めるのも◎

入力 45秒
対応エリア 全国
備考 簡単入力
総合評価 ★★★★

車買取一括査定はどのくらい違いが出るのか

車買取一括査定は今や誰もが検討するくらい一般的なサービスになってきていると思います。
その理由はシンプルに「最も高く売る方法」だからです。

関連ツイートを集めてみました。

https://twitter.com/marimo_mt/status/1157842114727645186?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1157842114727645186%7Ctwgr%5E%7Ctwcon%5Es1_&ref_url=https%3A%2F%2Fpanda-usedcar.com%2Fe382abe383bce382bbe383b3e382b5e383bc%2F

一度一括査定を使うと、ほぼリピーターになるそうですが、これだけ違えば納得ですね。

昔であれば複数のお店を周って、それぞれ査定をもらうしかなかったのが、今は出張査定してくれるので、家で待っているだけです。

それぞれ査定してもらって、最後に名刺の裏にでも査定額を書いて置いて行ってもらう感じがお勧めですね。

場合によっては、後半の業者にはそれまでの最高額をこっそり教えるのも、裏技としてはありだと思います。

ちなみに一括査定業者はいくつもありますが、個人的に使って良かったのはカーセンサーになります。 カーセンサーを使うメリットは以下の三つです。

・連絡手段をメールに指定することが出来る(電話が嫌な人向け)
・電話連絡の場合も時間指定が出来る(いきなり電話が鳴りまくることがない)
・出張見積もりに来てくれる業者が多い

しずお
一括査定の悪い口コミと言えば、電話連絡がらみです。

カーセンサーの場合そのあたりを細かく設定出来ます。

しずお
やり方は簡単で、申し込みの途中に出てくる「任意項目」が出てくるので、そこの連絡希望時間帯の欄に「メール連絡を希望」と書くだけです。

ただ、個人的にはガンガン電話が来ても、順番に対応してこちら指定の日時に出張査定が出来るか聞くだけなので、私の場合は電話を使っています。

しずお
電話の数と買取価格は比例するので、多いほうが嬉しいですけどね。電話で話すのが苦手な方以外は電話対応の方が早く終わると思います。

ちなみに、ガリバーとビッグモーターは「メール連絡」と伝えても電話がかかってくるそうです(笑)

まとめると、車を売る場合は一括査定が最も高く車を売れます。 一括査定のサービスの中ならカーセンサーがお勧めです。

とにかく、実際に一度使ってみるのが一番理解いただけると思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加